スポンサーリンク

歯科医と結婚して後悔していること3つ!結婚前に知っておくべき事

歯科医師との結婚

歯科医と結婚して後悔することは本当にないのでしょうか。

安定した高収入と社会的地位が高いイメージがある歯科医は、結婚相手としてとても魅力的です。

しかし実際に結婚してみると「思っていたより違う」ということは誰にでもあります。

歯科医と結婚して後悔する前にしっかりと対策しておけば何も心配はいりませんよ。

年収1000万円以上の医師・歯科医のみ!
無料で3名のプロフィールが貰える♪

↓詳細を公式サイトで見てみる↓

 

歯科医と結婚して後悔する3つの苦労

ネットで歯科医と結婚した女性の声を調べると、「こんなはずじゃなかった」「歯科医と結婚して後悔した」なんて書き込みが多くみられます。

歯科医の妻になるとどんな苦労があるのかは、ぜひ結婚前に知っておきましょう。

事前に知って心構えておくことで対策もできますし、後悔することも少なくなるはずです。

新婚時代は時間もお金もない

高収入なイメージの歯科医ですが、実は20代の歯科医の平均年収は400万円程度です。

平均的なサラリーマンと同じくらいです。

それなのに通常業務をこなしながら、勉強のために実費で研鑽しなければいけない場合もあり、お金にほとんど余裕がありません。

中には歯科医の業務をこなしながら、バイトをする歯科医もいます。

時間とお金がないのが、20代の歯科医の実状なのです。

また20代といえば結婚を考えたり、新婚で夫婦として最も幸せな時期です。

この時期に夫婦の時間を満足に確保できないと、寂しさのあまり「なんのために結婚したんだろう?」と結婚を後悔しやすいのです。

ですが、事前にこのような事情を知っていれば、子供が出来るまで共働きでお金を稼いだりしてサポートすることもできます。

また、結婚する時期を調整するなど、落ち着いてから夫婦生活をスタートさせる方法もあります。

【関連】⇒ 医者の離婚原因は何?不倫・仕事・家庭…

激務で家事と育児は妻に任せきり!

めまぐるしい早さで進歩する医療技術を積極的に取り入れるために、絶えず勉強が必要なのが医療の世界です。

特に歯科医はどんどん数が増えており、他の歯科医よりも優れた医療技術がなければ患者が来てくれません。

他の歯科医よりも高い医療技術やサービスがあって、ようやく歯科医は平均以上の収入を得ることができます。

その為、仕事と勉強に追われて、たまに休みがあっても疲労のあまり家でぐったりしている歯科医も多いです。

育児や家事にほとんど関われないので、妻は家庭のことを全て1人でこなさなければなりません。

しかし『口出しされないし、自分のペースで家事育児ができて楽!』という妻も多いです。

ただ、ワンオペ育児ともなるとやはり妻一人では辛いです。

そんな状況に「歯科医なんかと結婚するんじゃなかった」と後悔する女性もいます。

【関連】⇒ 歯科医との結婚は不安がいっぱい?その理由とは

開業医の歯科医の妻は経済的に苦労が絶えない

歯科医は開業医と勤務医で大きく収入が変わるので、30歳を過ぎると自分のクリニックを持つ歯科医が増えてきます。

ただし自分のクリニックを持つということは、設備費やテナント料金など莫大な費用が必要です。

新たにクリニックを開いても、顧客がつくまでは収入が安定しないので、収入面において大きな不安を感じます。

特に都会になるとクリニックの数が多すぎて、医療技術が高いだけでは患者は集まりません。

リフォームや新しい機材を入れたりすると借金も膨らみます。

夫の収入だけでは子供の教育費が捻出できず、パートに出ながら夫の歯科医院の手伝いする妻もいます。

歯科医なら経済的な苦労はしないだろうと結婚しても、実際には借金まみれで「こんなはずじゃなかったのに…」と虚しくなる妻もいるようです。

【関連】⇒ 歯科医が結婚できない理由とは!?開業準備が忙しいから?

歯科医との結婚で後悔しないための対策

『歯科医と結婚すると後悔する』とはいっても、事前にしっかりと対策をしておけば何も怖い事はありません。

  • 忙しい時期を見極めて結婚時期をズラす
  • 家事育児の外注サービスも検討する
  • 歯科医開業にかかわる資格や知識を勉強しておく

結婚前でも事前に情報収集をして対策をしておくことで、「こんなはずじゃなかった…」と後悔するのを防げます。

それに、結婚生活に対して事前にここまで考えてくれているとなれば、結婚相手となる歯科医も安心してくれるかもしれません。

もし歯科医師との婚活を希望しているなら、他の女性と比べてもかなり有利になると思っても良いでしょう。

まとめ

歯科医と結婚して後悔していること3つをお伝えしました。

歯科医は苦労せずに高額な年収を得られるというのはあくまでもイメージです。

歯科医といっても、勤務医・開業医とでかなり年収に開きがあります。

歯科医と結婚して後悔したくないと思ったら、事前にしっかり対策をしておけば大丈夫ですよ。

タイトルとURLをコピーしました