スポンサーリンク

歯科医師の結婚年齢は?晩婚傾向になりやすい意外な理由

歯科医師との結婚

歯科医師の結婚年齢はどのくらいなのか気になりませんか?

実は、意外にも歯科医師は晩婚傾向が強いのです。

  • 歯科医との結婚を考えている
  • 20代の歯科医となかなか出会えない
  • 婚活で紹介された歯科医の年齢が気になる

そんな風にお悩みの女性のために、歯科医の結婚年齢についてお伝えしていきます。

年収1000万円以上の医師・歯科医のみ!
無料で3名のプロフィールが貰える♪

↓詳細を公式サイトで見てみる↓

 

歯科医の結婚年齢は晩婚傾向になりやすい

歯科医に限らず医師は晩婚傾向が強いですが、中でも歯科医は結婚が遅くなりがちです。

なぜなら、歯科医は20代で医療知識や技術を磨いた後、30代になると開業を考えるからです。

開業をする歯科医は婚期を逃し勝ち!?

勤務医と開業医では収入に大きな差があるので、ほとんどの歯科医が30代で開業を考えます。

しかし開業するためには、医療器具やクリニック建設費など莫大な費用がかかります。

それに、開業したばかりの頃は収入が安定しません。

  • 交際相手がいても結婚に踏み切れない
  • 恋愛や結婚について考えている時間が無い
  • 経営を上手く回すことで頭がいっぱい

そのような状態の歯科医が多くいます。

開業したからと言ってスグに患者が集まるわけではないので、軌道にのるまでの1~3年間はとても忙しくなります。

仕事をこなしながら医療技術を勉強して、クリニックの経営に頭を悩ませて…と、開業したての歯科医はやることが山積みです。

開業医となっても経営が落ち着く頃には、40歳近くなっていることも珍しくありません。

その為、収入が安定してから人生のパートナーを探す歯科医も多いのです。

このことから、歯科医は晩婚傾向になりやすいと言われています。

20代の歯科医と結婚する方法

歯科医は晩婚傾向があると言っても、実際には結婚年齢が早い人もいます。

例えば、20代のうちに結婚をする歯科医も少なくありません。

ただし、結婚をしやすい年齢というのもあります。

もし若い20代の歯科医と結婚を考えてる女性は、次にお伝えする事を参考にしてみてくださいね。

結婚を狙える歯科医の年齢は24歳頃

歯科医になるには、6年間大学に通う必要があります。

ストレートで大学を卒業した時点で24歳です。

その後は研修医として、睡眠時間の確保すら難しい激務をこなしていくことになります。

1人前の歯科医として勤務できるようになっても、20代はまだ勉強の時期です。

とてもではありませんが、パートナー探しどころではない状況です。

この事情を予め知っている医学生だと、大学生のときに結婚相手候補となる女性を見つけ、研修前の卒業(24歳頃)と同時に結婚します。

つまり、20代の歯科医と出会いたいと思っていても、既に結婚しているか、結婚どろこではないかのどちらかになります。

30代以降の歯科医の方が安定した結婚生活が送れる

逆に大学生でパートナーと出会えなかった歯科医は、業務が落ち着く30代や40代にパートナー探しを始めます。

開業していて経営が順調なら、年収1000万は超えている歯科医も多いです。

安定した結婚生活を送りたいのであれば、30代以降の歯科医と結婚した方が安心ですね。

30代後半になっても独身と言うと「何か性格に難あり?」と思われがちですが、歯科医に限ってはやっと結婚適齢期になったというだけなのです。

まとめ

歯科医の結婚年齢についてお伝えしてきました。

歯科医はキャリアップの観点から見て、どうしても晩婚傾向になりやすいと言えます。

安定した結婚生活を送りたいのなら、20代よりも30代以降の歯科医と結婚する方が安心と言えますね。

実際に、婚活をしている年収1000万円以上の歯科医は、30代以上が多いですよ。

 

登録男性が医師・歯科医師のみの結婚相談所

確実に医者と結婚したいと思う女性には「フェリーチェ」がお勧めです。登録男性が全て医者ですので、それ以外の男性を紹介される煩わしさもなく妥協しなくてもOK。

 

「若い女性が良い」「仕事を理解してくれる人」など、医者によっても結婚相手に求める条件は色々あります。一般OLや目立った学歴のない女性でも、チャンスがあるかもしれませんよ。

入会する気持ちは無くとも資料請求は無料なので、取り寄せておいて損はないですね。

【詳細】 医師専門の結婚相談所ならフェリーチェ

タイトルとURLをコピーしました