スポンサーリンク

整形外科医との結婚生活とは?妻になるメリット・デメリット

医者の種類

整形外科医との結婚を考えている女性にとっては「妻はどんな生活になるの?」と気になりますよね。

一口にお医者さんといっても色々ありますし、整形外科医だからこそのメリット・デメリットもあります。

この記事では、外科医と結婚したら妻はどんな生活になるのか紹介していきます。

年収1000万円以上の医師・歯科医のみ!
無料で3名のプロフィールが貰える♪

↓詳細を公式サイトで見てみる↓

 

整形外科医との結婚とは

整形外科医は外科医と違い、心臓や脳の手術などを行う事はありません。

ですが、整形外科医も手術は行いますし、神経を細やかに使うことは変わりありません。

また、整形外科医は多忙な職種としても有名ですが、忙しさは勤務している病院によって変わってくるようです。

結婚生活においても、相手が「どんな勤務形態か」によって大きく左右されると思った方が良いでしょう。

総合病院勤務だと激務

もし結婚相手が総合病院に勤めていたら、家庭優先の穏やかな生活を送るのは難しいかもしれません。

総合病院には緊急外来窓口を設置しているところも多いです。

交通事故などで手術が必要な患者が運ばれてくれば、すぐに対応をしなければなりません。

休日・夜間など、おかまいなしに急に病院より呼び出されることも多いです。

定期的に「当直」もあって家を空けることも多いですが、そのぶん主婦のお仕事はお休みできます。

帰宅時間も夜22時を過ぎることも多いので、「亭主元気で留守がいい」というタイプの女性の方が気楽に過ごせるかもしれません。

整形外科医の年収

整形外科は「病院の稼ぎ頭」と称されることもある職業です。

年齢や勤務する病院にもよって違いはありますが、整形外科医師の年収は平均値で1,724万円とも言われています。

また、整形外科医は全診療科の医師に比べても約150万円程高い年収となっています。

さらに、40代の男性整形外科医では平均年収が1,815万円となっています。

もちろん経験を積み手術を行う為の技術を磨いたり、美容分野などの専門分野に特化すれば、転職をすることで年収を3,000万円まで上げる事も可能です。

一般的な30代サラリーマンの平均年収が450万円程と言われるのに対し、整形外科医は一般3.5倍以上の年収ということになります

整形外科医の妻になるメリット・デメリット

激務ですが高収入の整形外科医。

一見すればセレブ生活が出来そうなイメージですよね。

ですが、多忙な整形外科医の妻になるには、メリット・デメリットもあります。

メリット

  • 夫の収入だけでも生活していける
  • 子供に良い教育を受けさせられる
  • 金銭面での苦労をせずに済む

衣食住が十分すぎるほど安定していて、生活に困らないのがメリットですね。

また、子供に良い教育を受けさせたり、習い事も思いっきりさせられるだけの経済力があります。

その為、少々の贅沢くらいでは金銭面での苦労をせずに済むかもしれません。

デメリット

  • 夫が多忙でワンオペ育児が必須
  • 周りからの妬みや嫉妬が多い
  • 夫が家にいる時間が極端に少ない

夫が激務過ぎて、家庭のことや育児は全て妻が一人でこなすことが多いのがデメリット。

共働きをする場合はワンオペ育児必須なので、代行サービスに頼らざるを得ないかもしれません。

また、職場にいる時間が長いため夫が家にいる時間も少なく、一家団欒の時間を作るのは難しいです。

整形外科医は恋愛対象になりやすい!?

実は、整形外科医や患者さんから恋愛対象にされることが多々あります。

整形外科医と言えば、完治の為のリハビリがありますよね。

治療が終わっても、腕や脚がまた元のように動くようになるまで診ていかなければなりません。

その為、他の科に比べて患者との接触期間が長いので、恋心を抱く患者が多いと言われています。

「夫も患者と浮気や不倫をするのでは?」と心配する女性は多いですが、実際とのところ整形外科の患者は高齢者層が多い傾向があります。

それに、患者から好意を寄せられたとしても、実際に不倫するかどうかは本人の性格次第です。

整形外科医だからといって、不倫や浮気をしやすいというわけではないので安心してください。

まとめ

激務な整形外科医との結婚生活では、やはり良いことだらけではなく、妻としての苦労もあるかと思います。

整形外科医は年収が高いので、結婚すれば経済的に困窮することは無いでしょう。

あとは、妻が家庭内でのサポートをする覚悟があれば、夫婦円満で幸せな家庭が築けるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました