医者との結婚で嫉妬されても絶対に忘れてはいけない大事なこと

医者と結婚した途端に嫉妬の嵐で心身共に疲れてしまったという方いませんか?

友人、職場の同僚、親族、などなど、医者との結婚が決まると身近人からの妬みを買うことがあります。

しかし、妬まれて意地悪な態度を取られても、決してそれに反応してはいけません。

医者との結婚で嫉妬されるのに疲れた方は、まずは落ち着いて下記を読んでみましょう。

スポンサーリンク

医者との結婚で嫉妬されるわけ

医者と言えば高収入・ハイステータスで、その妻になったとなると「セレブ」のように見られがちです。

特に嫉妬されることが多いタイプは、いわゆる一般女性の方が多いようです。

また、医療関係の職場で働いている女性も、このような嫉妬をされることがあります。

純粋に恋愛結婚だったとしても「玉の輿に乗った女」「お金目的で結婚した」など、後ろ指を指されることもあり辛いものです。

嫉妬の原因は、やはり医者の妻という肩書きが一般的には手に入りにくところ。

高収入の男性は社会にはいくらでもいますが、医者となると目の色変えて反応してしまう女性が多いのは残念ですね。

嫉妬されても謙虚な態度で

例えば、看護師が同じ病院の医者と結婚することが決まった途端に、同僚の看護師から無視されるという嫌がらせもあるようです。

医師のような高収入男性と結婚したいと思っていた女性がいると、「抜け駆けした、ずるい」という風に思われてしまうのかもしれません。

しかし、そこで無視や嫌がらせをされたからと言って卑屈になったり、やり返したりしてはいけません。

たとえ寿退社をする予定でも、夫はその看護師たちと一緒に仕事を続けていくことになるのです。

夫が妻のせいで看護師と連携がとれなくなるようなことは避けた方が良いですよね。

嫌なことがあっても謙虚に、丁寧に、誠心誠意に対応することが大切です。

医者の妻として忘れてはいけないこと

医者は一人では仕事はできません。

他の医者、看護師、クラーク、その他医療関係者、色々な人と良好な関係を保たなければなりません。

医局の先生への季節の挨拶や、同僚の結婚式、開業後の挨拶などなど、

夫が関係者皆さんに大切にしてもらえるよう、妻も誠心誠意当たらなければなりません。

嫉妬されたからと卑屈になり、医者の妻として大切なことを忘れてしまっては本末転倒です。

されたことは水に流して、夫を支える妻になれるよう心がけましょう。

【関連】

⇒ 医者と結婚すると生活はどうなる?幸せと苦労は隣り合わせ

⇒ 医者と医療事務との恋愛はありえる?

⇒ 医者と看護婦の恋愛事情。やっぱり医者と結婚する人は多い?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク