医者との結婚は難しい?数字から見る医者の結婚倍率について

医者との結婚は難しいと良く言われていますね。

高収入で高学歴…、医者との結婚を希望している女性は多いはずです。

しかし、実際に医者と結婚できるのは一握りの女性だけです。

一般女性では医者と結婚することが難しい理由を、数字を交えてお伝えします。

スポンサーリンク

医者との結婚を希望する女性達

日本で現役の医者の数は約23万人とも言われています。

そのうち結婚適齢期の独身医者の数は約4万人なんだとか。

つまり、現役医者の6人に1人しか結婚できる男性はいないということです。

それに対し、医者と結婚したいと希望する女性の数は10倍にもなるんだとか…。

この数字は結婚相談所や婚活サイト等の男性・女性の割合から見えてくるものです。

ここまで競争率が激しいと、医者と結婚することが難しいというのが良くわかります。

【関連】

⇒ 医者との結婚で一般人が医者妻になれるポイント3つ!

医者が選ぶ妻の条件とは

医者が選ぶ妻の条件は色々あると思います。

結婚後は激務であまり家には帰れないので、妻が一人で家庭を仕切らなければなりません。

そんなとき「寂しい」「頼りがいがない」「子供と遊んで」など言う女性は、医者の妻としては務まらないかもしれません。

その他にも、開業医や代々医師の家系であれば、女性にも高学歴を求められる場合もあります。

家柄が良い御嬢さんとしか結婚しないという医者もいます。

一般女性が医者と結婚するには、このようなハイステータスの女性を出し抜くスキルが必要なんです。

【関連】⇒ 医者との結婚に親が反対する理由は3つ!

ここまで医者との結婚が難しいワケ

医者は一人前になるまで10年かかると言われていて、一人前になるころには30代後半になっている人がほとんどです。

一般的には結婚適齢期は30歳前後。

その為、どうしても年の差婚が多くなり、交際中でも価値観が合わなくなることが多いです。

また、医者と言う職業が高収入という代名詞の為、お金目的で近寄ってくる女性も多く、

医者自身も結婚に対し慎重になってしまっているという理由があります。

その結果、30代後半、40代になっても独身の医者が多く存在します。

言い方を変えれば、医者の結婚適齢期とは30代~40代とも取れます。

  • 年の差婚になりやすい
  • 相手を選ぶのに慎重になる
  • 結婚適齢期が一般とはずれている

これが医者との結婚を難しくしている要因の一端でもあります。

医者が結婚相談所を使うのは珍しくない

医者ってモテるのにわざわざ結婚相談所に登録するって、何か難あり?

と、勘繰ってしまう人も多いのですが、実は医者というのは結婚しにくい職業でもあります。

上記の医者との結婚を難しくしている要因でも紹介しましたが、世間一般の婚活事情とは少々異なるところがあります。

その為、「婚期を逃しそうで焦っている」「婚期を逃してしまった」医者が結婚相談所に登録するのです。

例えば「医師・歯科医師専門の結婚相談所」のフェリーチェでは

30代の人が最も登録数が多く、年収1000万円以上の人が約8割も登録しています。

こんなにも高収入の人が、結婚するためにわざわざ結婚相談所に登録しているのです。

もしも医者と結婚したいと希望しているなら、こういった結婚相談所を使うのも賢い方法だと思いますよ。

【無料資料請求はコチラから】


詳細 ⇒ 男性は100%医師の結婚相談所

【関連】

⇒ 医者とバツイチ女性が再婚できる可能性はある?医者の再婚事情とは

⇒ 医者と患者の恋愛事情。患者が医者にアプローチする方法

⇒ 女医が結婚できない理由は3つ!誤解されやすい女医の結婚事情

スポンサーリンク