医者と看護師の結婚が反対される理由。

医者と看護師の結婚は反対されることが多いと聞きますがなぜでしょうか。

同じ医療関係者、職場も同じであれば恋愛感情が芽生えても不思議はありません。

しかし、いざ結婚を挨拶をしようと両親に会ったところ「看護師との結婚は反対」とされることがあるようです。

今回は、医者と看護師の結婚がなぜ反対されやすいのかを説明します。

スポンサーリンク

医者と看護師の結婚の反対理由

医者と結婚を考えている看護師が開いての親に反対されたという内容は、ネット上でも沢山目にすることができます。

なぜ看護師だと結婚が反対されるのでしょうか?

同じ医療関係者同士、意気投合することも多いはず。

しかし結婚となると相手の両親・親戚との関係も一生続いていきます。

感情だけでは結婚できないのが「医者」というものなのかもしれません

反対理由①相手とつり合いが取れない

相手の両親は「医者に育て上げた」というプライド高い場合があります。

看護師は高卒の人も多く、大学を出ていないことを問題視する親もいます。

その為、息子の嫁が大学も出ていない低学歴だということを気にしたりします。

その為、結婚相手は高学歴で知的な女性を好む傾向があるのです。

教育環境を特に大事する親の場合、こういった違いは後々大きな争いの種にもなるので注意が必要です。

【関連】⇒ 医者と高卒女性の結婚について。意外と学歴差は気にしていない!

反対理由②育った家庭環境の違い

一昔前は「看護師といえば家庭の事情に問題がある」というイメージがありました。

片親だったり、金銭的に苦しい家庭だったり、特に年配の方はこういったイメージが強いようです。

例えば女性の両親が金銭的に苦労しているとわかると、自分の息子がお金目当てで言い寄られたのでは?と勘繰ってしまうのです。

近年では看護師や医者でも育った家庭環境の違いはあまり無いとも言われています。

サラリーマン家庭の家で育った医者の場合は、こういったトラブルは少ないように思われます。

医者と看護師の結婚は未だ試練が多い

昔ならば医者の家庭はリッチでしたし、看護師の家庭はそれほど裕福でない場合が多かったかもしれません。

ですが、現代ではそんなものは関係なく、サラリーマンの家庭に育った医者もいれば、医者の家庭に育った看護師もいます。

医者と看護師の結婚で反対をするのは、医者の両親の方が多いのですが、昔ながらの固定概念があることが原因かもしれません。

【関連】

⇒ 医者との結婚に親が反対する理由は3つ!

⇒ 医者と看護婦の恋愛事情。やっぱり医者と結婚する人は多い?

⇒ 医者との結婚は難しい?数字から見る医者の結婚倍率について

⇒ 医者の結婚相手に学歴は関係ある?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク