医者の結婚式事情。高額な費用と暗黙のルール

医者の結婚式事情は、世間一般の常識とはかけ離れた場合もあるようです。

医者の結婚式と聞けば、華やかで豪勢な式をイメージしている人も多いのではないでしょうか?

かかる費用も一般の結婚式に比べて高額になる場合が多いようです。

なかには暗黙のルールとして謝礼金100万円を包むといったこともあるようです。

では、医者の結婚式とは一体どのような物なのでしょうか?

スポンサーリンク

医者の結婚式費用、なぜ高い?

夫、もしくは妻が医者の場合は、結婚式にかかる費用は通常の結婚式に比べて高額になりがちです。

その理由として、医者という職業柄、招待客には教授や院長を呼んだりと色々と気を使うことが多いからなんだとか。

そうすると、結婚式場も格式高いホテルや、それなりの場所にしなければいけません。

その結果、結婚式も披露宴もとても豪華になる傾向があるそうです。

教授に仲人をお願いすると謝礼30万円以上!?

最近では結婚式に仲人を立てることは減っているようですが、医者の場合、約半数は誰かしらに仲人をお願いしているようです。

特に多いのが、医局の「教授」です。

その際の謝礼金の相場は「30万円」前後が多いんだとか。

医局によっては教授への謝礼金は「100万円」と暗黙のルールがある場合もあるそうです。

また、仲人までいかなくとも、招待した教授のお車代は「10万円」が相場なんだそうです。

医者の結婚式では、このように結婚式の費用を抑えたとしても、謝礼金など別にお金がかかることが多く、その為に結婚式費用は高額になりがちというわけです。

医者も身内だけの結婚式が増えている

医者の結婚式は何かとしがらみが多く、招待する教授の都合で式の日取りを決めたり、自分達には合わない豪華な式を上げたくないという夫婦が増えています。

身内だけのあっさりした結婚式を挙げる医者も最近ではいるようです。

代々医者の家系というわけでもなく、普通のサラリーマン家庭に育った医者の場合は、こうした傾向が高いかもしれません。

ただ、開業医など、いわゆる「跡取り息子」の結婚式の場合は、親の援助を受けて盛大な結婚式を挙げることも多いようです。

医者の結婚式に招待されるには

ここまでくれば、医者の結婚式に一度は招待されてみたいとおもいますよね。

結婚する医者と同じ病院に勤めていたりすれば招待される可能性は高いですね。

その他にも、医学部時代の友人であったり、幼馴染や昔からの友人であれば招待されるかもしれません。

また、逆に結婚する妻側の友人として招待されれば、医者と直接面識がなくとも「医者の結婚式」には招待されることもありますね。

医者の結婚式は豪華だと聞けば、どのようなものか、一度は体験してみたいですよね。

理想の結婚式をリーズナブルに!無料相談で夢を実現『ハナユメ』

医者と結婚したい女性向けの記事

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク