医者の結婚適齢期。結婚するには何歳頃がベストなのか

医者には結婚適齢期があります。

一般の男性の平均初婚年齢は30.4歳ですが、医者の結婚適齢期は3回あると言われています。

では、医者が結婚するのは何歳頃がベストなのでしょうか。

今回は医者の結婚適齢期についてお話します。

スポンサーリンク

医者の結婚適齢期は研修前と研修後が多い

大学卒業後の数年間は、研修医として過酷な日々を過ごすことになります。

その為、医者が結婚をするタイミングとして一番多いのが、研修前と研修後です。

研修前というのは大学を卒業した直後ですね。

また、研修後は医者としても独り立ちできて私生活にも余裕が出てくる頃です。

結婚を意識し始める医者が多く、積極的に出会いを求めて活動しています。

医者の結婚適齢期「研修前に結婚」

大学卒業後(24歳~)の直後に結婚するケース。

医者として勤務するようになるとプライベートな時間はほぼ皆無。

研修が終わり医局勤務や病院勤務になると、しがらみも多くなり同僚や上司などから結婚相手を奨められることもしばしば。

また、結婚式に関して言えば、勤務先の指導医や教授など披露宴に呼ぶ範囲も広くなり、大規模な式になりがちです。

資金面・精神面の負担が大きくなってしまうので、学生時代~卒業直後に簡単な式を挙げることを希望する人も多いです。

その反面、デメリットしてあげられるのが収入の少なさです。

研修医時代の年収は300万~400万円と、それほど高いわけではありません。

医者の結婚適齢期「研修後に結婚」

研修終了後(30代前半)に結婚するケース。

医者としてようやく独り立ちもできる頃です。

民間の病院勤務であれば収入も600万円~800万円と増えていきます。

仕事に追われる生活をお送る中で、自分を支えてくれる妻が欲しいと思う頃です。

精神的にも経済的にも落ち着いてくる年齢ですので、真面目に将来を考え結婚相手を探し出します。

学生時代の交際相手とは違い、お金目的で近寄ってくる女性も多いので、本当に自分の理想とする結婚相手を探すのに全力を尽くします。

医者の結婚適齢期「婚期を逃したとき」

医者の結婚する年齢は30代が一番多いかもしれません。

しかし、40代を過ぎたからといっても、まだまだ結婚願望がある医者もいます。

ところが、世間一般から見ると「40歳」というのは婚期を逃したとみられてしまいます。

結婚相談所でも婚活パーティーでも、年齢がネックになり思うように結婚までたどり着けない人もいます。

もうここまで来ると、お金目的で寄ってくる女性をえり好みしている場合ではなくなります。

多少の年齢差があっても結婚を急ぐ人が増えてきます。

医者と結婚するベストな年齢

上記では医者には結婚適齢期が3つあることを紹介しました。

20代で結婚すると金銭的に苦労があります。

30代で結婚すると「家庭を築く」という点ではベストタイミングです。

40代で結婚すると年の差婚が多い傾向になります。

ひとそれぞれ結婚に関する理想は色々あります。

好きな人と結婚したい、子供が欲しい、人生の伴侶が欲しい…

年齢によっても結婚条件は多少変わってくるでしょうから、医者と結婚を希望している女性はその辺をよくリサーチする必要があるかもしれません。

【関連】

⇒ 医者は結婚できない人が多いと言われる理由

⇒ 医者の結婚は年の差が多い?30代後半で結婚する人が多いワケ

⇒ 医者の結婚の平均年齢は?医者が結婚を意識するとき…

⇒ 医者と結婚したい!40代の婚活事情と歳の差婚について

⇒ 医者の彼氏と音信不通!自然消滅かどうかを判断する方法

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク