医者との合コン体験談「お医者様との合コンで学んだこと」

29歳から30歳になる頃、私はひたすら焦っていました。なんと29歳の1年間に6回も友人の結婚式に出席することになったからです。
私の友人はなぜか看護師の女性が多く、看護関係の職の方との合コンをセッティングしてもらうことが多かったのでした。

その中で、3対3のオール医者、というゴージャスな合コンの話を聞き、平日の夜ですしいつもならお断りするのですが思わず一発OK!この時を逃したらもう二度とお知り合いになれないような気がしたのでした。

私は週休2日の金融関係の営業事務をしていますので、平日は全て仕事です。

開催されたのは木曜日の19時集合で、なんとかギリギリスタートに間に合うという綱渡りな合コンでした。

一週間前からシートマスクやスペシャルケアに加え、糖質制限もして準備万端!ブランド物をできるだけ控え、仕事終わりの雰囲気は大事かな?と、タイトスカートにVネックのニットを合わせ、全体的に柔らかい色でまとめていきました。

19時にお店の近くの噴水集合ということでなんとか間に合い、合流できました。そこから、予約してあるお店まで歩くという、何だか若々しいスタート。

一見したところ、男性3人とも清潔感のある短髪でお洋服のセンスも悪くなさそうです。軽い挨拶の後はまだ慣れていないので、女性と男性が分かれてお店に到着。

個室の鉄板焼き屋さんでテンションがあがります。注文を終え、幹事の友人が口を開きました。

「さて、今日は私は看護師ですが職場で見慣れているかな?と気を利かせてOLを2人呼びましたので楽しい飲み会にしましょう!」
はじめにお話したのは34歳の小児を専門にされている方でした。

身長が高い方が好みな私には少し物足りませんでしたが、小児の全然の為か物腰が柔らかく好印象でした。

2人目は36歳で内科の先生でした。趣味の話をとことんしてくださいましたが、女性慣れしておらず結局1度も目が合いませんでした。

3人目は32歳と最年少で去年からやっと医者になった外科の方でした。

毎日が刺激が多く、知識はあっても毎日ヒーヒー言ってると、面白く語ってくださいました。

私はこの32歳の方が気に入り、連絡先を交換し合コン後に夕食をご一緒することになりました。

もちろん結婚を視野に入れてですので、食事中のマナーや店員さんへの態度を見たいと思いました。

マナーは良く、レディファーストに椅子をひくまではありませんが優しく応対してくださいました。

しかし、お話が進み、仲が良くなったかな?という辺りからお酒のこともあってか

「お金かかりそうだけど大丈夫だよ」

「何もなくなってもお金はあるから」

「好きなことさせてあげられるからね」

など、耳を疑うような事を言い出したのでした。

幹事の友人に話すと「医者には多いかもね。照れ隠しの場合もあるけど嫌ならやめた方がいいかも」と言われました。

仕事が毎日大変で心が荒んでいたのかもしれませんが、あまりにも私を一人の女性として愛してくれるように感じられず、少しずつ連絡頻度を減らしフェードアウトさせました。

看護職の方との合コンではこういうことはなかったので、この方特有、または友人の言うようなことなのかもしれません。

医者との合コンは私には不向きだったようでした。

しかし、まだまだ婚活諦めるつもりはありませんので、必ず幸せな結婚にこぎつけるつもりで、日々自分磨きを頑張りたいと思います。

色んな職種の方と話すのも楽しいので、これはこれで良い経験になりました。

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク