医者の結婚は年の差婚が多い?30代後半で結婚する人が多いワケ

医者は以前から晩婚傾向にあると言われていました。

婚期を逃す人も多いのですが、その理由は仕事の忙しさが原因です。

「30代後半になっても独身でいるなんて性格に難あり?」

と思われることも多いのですが、医者に限っては30代後半からようやく婚活期間と呼べるかもしれません。

今回は医者の年の差結婚についてお話します。

スポンサーリンク

医者の結婚で年の差婚が多いワケ

医者と聞けば、「高収入でハイステータスでモテる」と思いますよね。

だから30代後半になっても独身でいるなら「何かワケあり?」と勘繰ってしまいます。

そこで医者になるまでのプロセスを見ていきましょう。

すると、30代後半で独身というのは、何らおかしなことは無いというのが分かります。

一人前の医者になるまでは結婚なんて無理!

医者になるには医学部を24歳で卒業し、そのあと2年間の初期研修医期間を終える必要があります。

また、その後も専門科での研修を3~5年ほど受け、ようやく医者として独り立ちできます。

すると…、医学部卒業から約5~7年が経過しているわけです。

ストレートで医学部卒業をしていれば年齢は既に30代に差し掛かっています。

この研修期間の間はとにかく忙しく、人によってはとても恋愛や結婚なんて考える暇はありません。

一人前になるには10年かかると言われるのが医者です。

結婚を考えるときには35歳を超えているというも理解できるはずです。

【詳細】⇒ 医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い

婚活市場では若い女性がいつだって有利

昨今の婚活市場では若い女性が有利です。

理由は子供を産める期間が長いのと、ある程度歳のいった男性は若い女性を好む傾向にあること。

医者の婚活スタート年齢が30代半ばからだとすると、子供を産める女性を選ぶとすれば若い女性の方が望ましいわけです。

その為、40歳近くの医者が20代半ばの女性と結婚することもあり得るのです。

女性から見ても、相手の年収が高ければ子供が大学まで行ける資金を用意できます。

老後の生活にも困らないような貯金もできるでしょうし、年の差のデメリットは感じられないのでしょう。

【関連】⇒ 医者と結婚したい!40代の婚活事情と歳の差婚について

医者との結婚で年齢よりも大変なのは

医者との結婚で気を付けなればいけないのは、年齢差よりも妻としての心構えです。

医者といっても様々なタイプがいますが、基本的に激務で不在がちになることが多いです。

また、医者でも引っ越しを伴う転勤はあります。

病院が変わるたびに給料額も変動しますので、年収は安定しているとは言い難いです。

しかし、30代後半にもなると民間病院に勤務している場合は年収1000万円に届く人も多いです。

妻として夫を支え、健やかな家庭を築く心構えがあれば、年の差なんて気にならないと思いますよ。

【関連】

⇒ 医者は結婚できない人が多いと言われる理由

⇒ 医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

⇒ 医者との結婚は難しい?数字から見る医者の結婚倍率について

⇒ 医者とバツイチ女性が再婚できる可能性はある?医者の再婚事情とは

⇒ 医者と高卒女性の結婚について。意外と学歴差は気にしていない!

⇒ 勤務医の妻の生活について。羨ましいと思われること

確実に医者と結婚したい人への近道はこれ!

登録男性が医師・歯科医師のみの結婚相談所
確実に医者と結婚したいと思う女性には「フェリーチェ」がお勧めです。

登録男性が全て医者ですので、結婚条件の合う女性を探しています。例えば「若い女性が良い」「仕事を理解してくれる人」など、医者によっても結婚相手に求める条件は色々あります。

一般OLや目立った学歴のない女性でも、チャンスがあるかもしれませんよ。

【無料資料】⇒ 医師専門の結婚相談所ならフェリーチェ

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク