医者の年収【40代】平均1200万円、転職で大幅アップも可能

40代の医者ともなれば、これまでの見習い医師から一人前の医師へと成長している頃。

年収もそれなりに増えてきて、平均して1200万円程度の人が多いようです。

また、40代にもなると勤務先の病院などで役職に付く人もちらほら出てくるので、後輩医師の指導を任されるようにもなります。

さらに私生活では40代前半までに結婚する人が多く、家庭を築き子供の教育なども気にかけるなど、充実した日々を送ります。

今回はそんな40代医者の年収について説明します。

スポンサーリンク

40代医者は役職がついてくる

民間病院に勤務する40代の医者は、だいたい43~45歳前後で、医科長や診療部長などに昇進することが多いです。

その場合、医科長や診療部長クラスで、平均年収は1300~1600万円です

また、病院によっては1500~1800万円程度の年収になることもあるようです。

大学病院に勤務する医者の場合、40代では講師や助教授になっている人もいるでしょう。

その場合、40代講師で750万、助教授で800万円ほどです

役職がつくようになっても、民間病院と大学病院とでは最大で2倍もの差があるようです。

40代で転職をする医者も多い

病院勤務の医者でも待遇が悪い、年収が引くい等の理由で条件の良い病院へ転職する者もいます。

30代は経験を積むために多少待遇が悪くても我慢する人も多いです。

しかし、40代にもなると経験も知識もある医師として全国から引く手数多な状態です。

例えば、医師不足に苦しむ地方では年収2000万円以上の求人も珍しくありません。

また、医師に特化した転職サービスを利用して、年収が2倍になった例もあります。

このように、40代の医者の平均年収は1200万円ですが、勤務先によっては倍以上に差があるのです。

【関連】

⇒ 医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

⇒ 医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い

⇒ 医者の年収は年代や科目によって違いが!

⇒ 「医者の妻」開業医の夫との生活はどう変わる?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク