勤務医の妻の生活について。羨ましいと思われること

勤務医の妻の生活と聞くとどんなイメージがわくでしょうか?

品があって、優雅に暮らし、生活に余裕がある、子供も良い教育を受けて優秀な学校に通っている。

夫が医者というだけで、妻は周りからは羨ましいがられることもあれば、嫉妬されることもあります。

今回は勤務医の妻の生活についてご紹介します。

スポンサーリンク

勤務医の年収は1000万以上

勤務医の年収は1000万円以上になると言われています。

たまの休日は夫とリッチにディナー。勤務医と言えど医者ですからそんな生活も可能です。

近年であれば共働きでも世帯年収1000万円になろうと思えば大変です。

夫だけの収入で1000万円以上あれば、妻は専業主婦で育児家事に専念できるというメリットもあります。

また、欲しい買い物を我慢したりせず、趣味を堪能したり、習い事やスキルアップに励むこともできます。

妻は専業主婦で優雅な生活に?

勤務医は大変忙しいです。

平日も夜遅くまで、休日は学会や出張、そして急な患者さんがいれば直ぐさま駆け付なければいけません。

勤務医は多忙ですから、家ではゆっくりしたいという人がほとんどでしょう。

そんな医者は、専業主婦で家庭を任せられる人に妻になってもらいたいと思っています。

妻は専業主婦でも優雅な専業主婦という部類に入ることは間違いありません。

ただし育児や家事は一生懸命一人でこなす必要があります。

今流行りのイクメンを医者である夫に求めるのは不可能に近いです。

そんなことを望んでいるのであれば、医者の妻は務まらないかもしれません。

【関連】医者の妻には覚悟が必要!大切な3つのポイント

将来は院長夫人にも!

勤務医の中には、ある程度経験を積んで開業医になりたいと考える医者もたくさんいます。

勤務医は人間関係も大変苦労しますし、労働時間も考えれば開業したほうが自由な時間も増えます。

大学病院などでは上下関係に気を使うこともあるようですので、そういったしがらみから解放されたいと考える人もいるようです。

もし、結婚した医者の夫が将来開業したいと言ったら、病院の経営に妻も携わる可能性があります。

将来は院長夫人と呼ばれる立場になるのです

自分の旦那さんが医者、しかも開業医ということになれば、周りからも院長夫人として一目おかれれる存在になります。

周囲にも細かな気配りができる素敵な女性にならなければいけませんね。

まとめ

勤務医の妻の生活は、サラリーマン家庭よりはお金に余裕があるので、

普通よりはリッチな生活がおくれるかもしれません。

家事育児に専念しながらも、自分の好きなことやスキルアップの勉強などをしている妻もたくさんいます。

余裕がある生活で周りに羨ましがられるでしょう。

【関連】

⇒ 「医者の妻」開業医の夫との生活はどう変わる?

⇒ 医者の年収は年代や科目によって違いが!結婚生活にも関係あるかも?

⇒ 大学病院の医者は忙しい?連絡がとれない彼氏との付き合い方とは

⇒ 医者と結婚すると生活はどうなる?幸せと苦労は隣り合わせ

⇒ 医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク