医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

医者の年収は1000万円以上というのは、医学部を卒業して5年~10年以上経過し、一人前の医者と見られるようになってからです。

「研修医の給料」でも紹介しましたが、若い内は医者と言えども薄給です。

しかし、研修期間を終えて病院勤務になるとグンっと給料は上がります。

特に30代後半にもなると1000万円以上の年収になる人も多いです。

今回は30代の医者の年収についてご紹介します。

スポンサーリンク

30代は進路によって年収に差が出る

医学部卒業後は2年間の研修医期間があります。

これを終えて自分の専門の診療科を決めます。

例えば、内科・外科・精神科…などなど

そして後期研修医として3~5年間は指導医の元で研修を行います。

つまり30代前半であってもまだまだ一人前としては見られないということですね。

このとき、大学病院で医局勤務するか、民間病院で勤務するかで平均年収がかなり違ってきます。

大学病院の医局勤務の場合の年収

30代前半から後半の医師で400~600万円くらいだそうです。

20代のときと同様、同年代のサラリーマンと同じくらいの年収ですね。

講師や助教授等になると年収は700万~800万前後になりますが、並大抵の努力ではありません。

民間病院勤務の場合の年収

民間病院で勤務する場合は

30代前半から後半の医師で600~800万円くらいだそうです。

しかし、自分の専門の診療科によって年収に開きがあります。

例えば外科医や麻酔科医などは30代後半でも1000万円を超える人もいます。

また、大手の美容外科勤務ともなれば年収は30代でも2000万円を超える場合もあります。

勤務先によっても年収に差が出る。

医者は転勤することが多いです。

医者との結婚は転勤も多いので覚悟しておこう!でも紹介しましたが、30代の若いうちは2~3年単位での転勤があります。

医者の転勤は特殊で、勤務先の病院の給料体系はそれぞれ違います。

医局の指示で異動したら前の病院よりも給与が低くて、年収が下がってしまう例もあります。

また、医局に頼らずフリーランスや私立病院で勤務する場合は、もっと条件の良い病院を探して自分で勤務先を変えることもできます。

開業医の息子で病院の跡継ぎとして働いている場合も、年収はピンからキリまであるようです。

また、20代後半~30代前半の忙しい時期を乗り越えると、とたんに結婚を意識する人もいます。

モテるようで結婚相手が中々見つからないのが医者です。

近年では結婚相談所や婚活サイトに登録している人も増えてきましたので、チェックしてみるのいいかもしれませんね。

⇒  youbrideで婚活中の医師のプロフィールを見る!

【関連】

⇒ 医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い

⇒ 医者の年収【40代】平均1200万円、転職で大幅アップも可能

⇒ 医者の年収は年代や科目によって違いが!

⇒ 耳鼻科医との結婚生活とは?早ければ30代で開業する人も!

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク