医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い

医者と言えば年収は1000万円以上と思いますよね?

医者との結婚を意識している女性であれば、特に若い20代医者の年収は気になるところです。

しかし、20代の医者の年収は思っていたより高くないのが現状です。

今回は20代医師の年収について説明します。

スポンサーリンク

20代は研修医期間で給料は安い

18歳で医学部へ入学、6年間の学生生活を経て国家試験に合格すると「医者」と名乗れるようになります。

その後は2年間の研修医制度により病院で研修医として勤務します。

26歳でようやく正式に医師として働けるようになるというわけです。

(厳密にはその後も後期研修医として3年ほど研修期間がある)

この研修医期間の給料は月額30万円以上と国によって基準が提示されています。

つまり、20代の研修医期間の年収は約300万~400万というわけです。

同年代のサラリーマンとほとんど変わらない年収ですから、医者にしては安いと言えますね。

20代の医者の年収は進路によって変わる

20代の研修医生活を終えて、勤務医として働くと年収はグンと伸びていきます。

2年間の研修医期間を終えると2通りの進路があると言われています。

  1. 大学病院の医局勤務
  2. 民間病院勤務

半分の医師が大学病院の医局勤務を希望すると言われていますが、最近ではそうでない若者も多いようです。

大学病院の医局勤務の場合の年収

大学病院の医局に進んだ場合は

20代後半~30代前半の医師で300~600万円くらいだそうです。

講師や助教授等になると年収は700万~800万前後になります。

民間病院勤務の場合の年収

市中病院で勤務医として働く場合は、

スタート時の20代後半~30代前半で600~800万円くらいだそうです。

10年ほど医師として勤務すると年収は1000万円にもなるようですが、病院によってはピンキリのようです。

20代で結婚する医者は少ない

20代の医者の年収は、上記のことから約300万円~600万円。

特に研修医期間中は給料も安く、家族を養えるだけのお金や時間もありません。

また、勉強熱心な医者ほど忙しく薄給です。

ようやく結婚を考えるときになって「もう40歳手前」という医者も多いです。

こうなってしまうと妊娠・出産を望んでいる女性にとっては年齢が合わないかもしれませんね。

医者と若い内に結婚したい方は、年収にはこだわらず共働きで夫を支える覚悟が必要かもしれません。

【関連】

⇒ 医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

⇒ 医者の年収【40代】平均1200万円、転職で大幅アップも可能

⇒ 研修医の年収でも結婚できる?意外と安い研修医の給料

⇒ 医者の年収は年代や科目によって違いが!

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク

コメント

  1. 医者の給料がイメージよりも安い?年齢が上がると高収入に! | ビハピ より:

    […] 講師や助教授等になると年収は700万~800万前後になります。 引用元-医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い […]