歯科医との結婚は不安がいっぱい?その理由とは

歯科医との結婚は、一般的なサラリーマンと比べて、わからないことがたくさんあって不安がいっぱいです。

結婚と恋愛は別物と言うように、結婚は生活に関わりますから、不安があったままで結婚したくありませんよね。

結婚の前に歯科医の収入を中心に不安を取り除いておきましょう。

スポンサーリンク

歯科医の年収は700万円

一般的に医者は高収入というイメージ通り、歯科医の平均年収は700万円です。

サラリーマンの平均年収が400万円なので、比較してもかなりの高収入です。

しかし、平均はあくまでも平均で、歯科医全員が700万円もお給料があるわけではありません。

特に結婚を考える年代の歯科医はまだ若いので年収が700万円どころか、400万円という場合も珍しくありません。

サラリーマンと変わらないお給料なのに、勉強のための出費があり、子供のことを考えると、結婚は難しいのではと不安になる女性も多いでしょう。

しかし歯科医の年収というのは勤務医か開業医かで大きく変わります。

結婚を考える若い年代の歯科医は、ほとんどが勤務医です。

独立して自分のクリニックを経営するようになれば、年収が1000万円超える場合もあります。

実際に勤務医から自分のクリニックを持って独立し始める30代からは、平均年収が700万円に跳ね上がっています。

20代は勤務医として医療技術や人脈を作る重要な時期なのです。

今がサラリーマンとほとんど年収が変わらないからと言って、将来を心配する必要はありません。

歯科医と言えども若いうちからいきなり高収入というわけではなく、若いうちの努力が後から年収として表れてくるのです。

【関連】⇒ 歯科医が結婚できない理由とは?!

歯科医は開業しやすく儲かりにくい?

コンビニよりも歯科医の方が多くなって競争が激化していますが、それは都市部に限った話です。

場所を慎重に選んでクリニックを開けば、患者の取り合いに負けて、ワーキングプアとなるような心配はまずありません。

歯科医だけで医療の勉強をしながら、経営術を身につけるには限界があるので、経営に関しては専門家を入れているクリニックもあります。

ただし、クリニックを開けば必ず患者がやってきて、必要な収入が得られる時代は終わりました。

医療技術の進歩に合わせて歯科医自身も勉強を怠らずに、インプラントや予防歯科など、新たな治療を積極的に取り入れる必要があります。

高い医療技術があって初めて、歯科医は高額な収入を得ることがてきるのです。

【関連】⇒ 歯科医との結婚生活とは?妻は医療知識がなくてもOK

結婚への不安を取り除くには

歯科医のほとんどは年齢をある程度重ねると開業します。

サラリーマンと違って安定した収入ではなくなるので、結婚して生活できるのか、歯科医の妻として大変なパートナーを支えていけるのか、不安はあります。

しかし全てが全て完璧にこなすのはどんな人間でも不可能です。

お金が厳しくなれば工夫して節約すればいいですし、パートナーが医療技術で悩んでいれば、愚痴を聞いたり、疲れがとれるような栄養満点の御飯を用意すればいいのです。

直接歯科医の仕事をサポートできなくても、パートナーの健康や生活を支えることはできます。

結婚式の誓いに「健やかなるときも、病めるときも…」とあるように、自分にできることでパートナーを支えていきましょう。

【関連】⇒ 歯科医の結婚相手はどんな女性?

まとめ

どんな素晴らしい人と結婚しようとしても、結婚前は何か不安はありますし、長い結婚生活の間には、必ず予想外のことが起きます。

歯科医だからと無理に構えず、お互いができることで支え合うという姿勢でいれば、幸せな結婚生活がおくれます。

婚活偏差値チェックで結婚生活を有利に!
婚活EQ診断医者は離婚率が高いとも言われていますが、条件や価値観の合う人との結婚であれば結婚生活も上手くいく可能性が高いです。

「婚活EQ診断」では、自分にはどんな人が向いているのか分かるので、婚活準備として気軽にチェックしてみるのもいいかもしれません。

無料⇒あなたの婚活偏差値はいくつ?婚活EQ診断でチェック

【関連】

⇒ 歯科医の結婚年齢はどのくらい?

⇒ 歯科医との恋愛!歯科医と患者が付き合うのはアリ?

⇒ 歯科医の結婚指輪をしないって本当?既婚者かどうか確かめたい!

⇒ 歯科医との結婚で後悔していること3つ!妻の負担が大きい?

⇒ 歯科医と出会いたい!一番の近道は婚活サイト!

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク