歯科医の結婚年齢はどのくらい?意外にも晩婚傾向が

歯科医の結婚年齢はどのくらいなのでしょうか。

結婚年齢から歯科医の結婚事情を見ていきましょう。

スポンサーリンク

歯科医の結婚年齢は二極端化

歯科医の結婚年齢は実際は極端に早いか極端に遅いかのどちらかです。

歯科医に限らず医師となるには通常よりも2年長い6年間大学に通う必要があります。

習得しなければならない技術や知識がそれだけ膨大なのです。

大学を卒業した時点で24歳、その後は研修医として睡眠時間の確保すら難しい激務をこなさなければなりません。

1人前の歯科医として勤務できるようになっても、20代はまだ勉強の時期です。

通常の医療業務と平行して最新の医療知識や技術を習得するために研修しなければならず、多忙を極めます。

とてもではありませんが、パートナー探しどころではない状況です。

そのため、大学生のときにパートナーと出会えた歯科医は、研修前の卒業(24歳頃)と同時に結婚します。

逆に大学生でパートナーと出会えなかった歯科医は、業務が落ち着く30代や40代にパートナー探しを始めます。

これが、結婚の年齢が極端に早いか遅いかの違いです。

歯科医は婚期が遅れがち?

歯科医に限らず医師は結婚が早いか遅いかの極端なカップルが多いですが、中でも歯科医は結婚が遅くなりがちです。

なぜなら歯科医は20代で医療知識や技術を磨いた後、30代になると開業を考えるからです。

勤務医と開業医では収入に大きな差があるので、ほとんどの歯科医が30代で開業します。

しかし開業するには、医療器具やクリニック建設など莫大な費用がかかりますし、開業したばかりの頃は収入は安定しません。

高い医療業務がある歯科医のところには患者が集まって、経営が厳しくなるということはありませんが、患者から信頼される医療技術を習得するには、やはり勉強が必要となります。

仕事をこなしながら、医療技術を勉強して、クリニックの経営に頭を悩ませて、と開業したての歯科医はやることが山積みです。

開業医となっても経営が落ち着き、収入が安定するまでやはり期間が必要で、40歳過ぎることも珍しくありません。

開業して収入が落ち着いてから人生のパートナーを探すことが多い歯科医は婚期が遅れがちになるのです。

【関連】

⇒ 歯科医の結婚相手はどんな女性?

⇒ 歯科医が結婚できない理由とは?!

まとめ

歯科医の結婚年齢は両極端になりがちです。

  • 20代中ごろ
  • 30代後半~40代

学生時代から勉強に追われて、遊ぶ時間が通常より少なかった歯科医は女性へアプローチするのも戸惑うという人も多いです。

大学で良きパートナーに出会って辛い研修時代をともに乗り越えようと考えるか、若いうちはストイックに医療スキルを磨きたいと考えるかで、結婚の時期が大きく変わってきます。

30代後半になっても独身と言うと「何か性格に難あり?」と思われがちですが、歯科医に限ってはやっと結婚適齢期になったというだけなのです。

逆に婚活中の女性からすればチャンスかもしれませんよ。

登録男性が医師・歯科医師のみの結婚相談所

確実に医者と結婚したいと思う女性には「フェリーチェ」がお勧めです。登録男性が全て医者ですので、それ以外の男性を紹介される煩わしさもなく妥協しなくてもOK。

「若い女性が良い」「仕事を理解してくれる人」など、医者によっても結婚相手に求める条件は色々あります。一般OLや目立った学歴のない女性でも、チャンスがあるかもしれませんよ。

入会する気持ちは無くとも資料請求は無料なので、取り寄せておいて損はないですね。

【詳細】 医師専門の結婚相談所ならフェリーチェ

【関連】

⇒ 歯科医との結婚生活とは?妻は医療知識がなくてもOK

⇒ 歯科医との結婚は不安がいっぱい?その理由とは

⇒ 歯科医との恋愛!歯科医と患者が付き合うのはアリ?

⇒ 歯科医の結婚指輪をしないって本当?既婚者かどうか確かめたい!

⇒ 歯科医との結婚で後悔していること3つ!妻の負担が大きい?

⇒ 歯科医と出会いたい!一番の近道は婚活サイト!

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク