医者の年収は年代や科目によって違いが!結婚生活にも関係あるかも?

医者の年収が年代や科目によって差があるのをご存じですか?

医者と言えば「年収1000万円で高収入!」と漠然とイメージしている女性も多いでしょう。

しかし、実際は年代によって500万円以上もの差があります。

また、医者には内科医や眼科医など、それぞれの専門科目があり、それによっても年収に差がでてきます。

医者と結婚したいと思っている女性にとっても、結婚生活に関わる重要なことです。

今回は医者の年収についてまとめてみました。

スポンサーリンク

医者の年収「年代別」

医者の年収の差が大きく出るのは「年齢」によるものです。

新米医者とベテラン医者とでは収入に差がでるのは当たり前ですよね。

医者は平均年収1000万円と高収入の部類に入りますが、医者の年収には年齢によって下記のような差がでてきます。

年代 平均年収
20代後半 400万
30代 1000万
40代 1200万

20代後半と30代とでは2倍近い差があります。

これは、20代後半というのは医学部を卒業後、研修医としての期間が約5年ある為です。

研修医時代の給料が医者として安いというのは有名です。

【関連】

⇒ 医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い

⇒ 医者の年収【3年目】初期研修が終わった後の年収

30代でも30歳前後の人では、まだ研修医と言う人もいます。

勤続年数により多少は収入は上がっていきますが、1000万円台に手が届くのはまだ先の話です。

【関連】

⇒ 医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

⇒ 医者の年収【4年目】ある程度給与に余裕が出てくる

⇒ 医者の年収【5年目】大台に乗る時期。結婚を考える人もチラホラ

40代にもなれば病院勤務の場合は肩書きがつく人もいます。

そうなると年収は1000万円~1500万円と大幅にアップします。

ただし、病院勤務といっても大学病院勤務の場合は40代でも1000万円に届かないひともいます。

【関連】医者の年収【40代】平均1200万円、転職で大幅アップも可能

医者の年収「科目別」

医者の年収に差が出るのには、専門にしている科目も関係しています。

病院勤務で勤務医として働いている医者には、科目によってそれほど大きな差はありません。

ただ、眼科や耳鼻科など開業しやすい科目というのがあります。

開業医となることで勤務医時代の2倍以上の年収になることもありますので、そういった意味では科目によって年収差が出るということにもなります。

科目 平均年収
産婦人科 1000万~2000万
小児科 1000万~1500万
精神科 1200万
耳鼻科 1900万
皮膚科 1000万
内科 1000万~1500万
整形外科
1100万
眼科 1300万

病院勤務の場合、若手医者の年収は800万~900万ということも珍しくありません。

医者として10年以上勤務したベテランになると、病院勤務でも年収1000万円に届くことが容易になります。

ただ、そこまで経験を積むと雇われの勤務医ではなく開業医として働く医者も増えてきます。

特に開業しやすいと言われる眼科・耳鼻科医については年収2000万円に届く人もいるようです。

【関連】医者の科目によって結婚生活は変わるのか!?

病院によっても変わる年収

働いている病院によっても医者の年収は変わってきます。

例えば都会や地方都市の医者の年収と、地方の医者の年収とでは、大きくて1.5倍もの差があるそうです。

その他にも勤務時間や責任の重さなど、病院によって差がある項目は様々。

特に民間の病院勤務医と大学病院の勤務医とは、年収が約200万~500万も差があることがあるようです。

医者だからといって一概に「高収入、ゆとりある生活、セレブ」とはいかないので覚えておきましょう。

【関連】

⇒ 大学病院の医者と結婚すると結婚生活はどうなる?

⇒ 研修医の年収でも結婚できる?意外と安い研修医の給料

⇒ 「医者の妻」開業医の夫との生活はどう変わる?

⇒ 勤務医の妻の生活について。羨ましいと思われること

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク