産婦人科医との結婚生活とは?夫婦ともにストレスが多い!?

産婦人科医と結婚と聞けば「やさしい旦那様」とイメージすることでしょう。

しかし医者といえども様々、診療科によって貴方の結婚生活に影響を与えるかもしれません。

今回は、産婦人科医との結婚生活について事前検証してみましょう。

スポンサーリンク

産婦人科医の年収は?

一般的に医者の平均年収が1000万円から1200万円と言われています。

産婦人科医も大体それくらいの収入と思って良いでしょう。

科によってもちろん平均年収が異なるということもあります。

また、年齢、経歴、地域、病院の形態や経営状況にもよって異なります。

例えば40代でかなり経験や実力があり、高く評価されている場合は転職をすることで年収が2000万円前後になることもあるでしょう。

また産婦人科医は人為不足が続いているとも言われています。

どの病院も産婦人科医が不足している状況であれば、高待遇であったり、高額の年収設定の可能性もあるでしょう。

産婦人科医との結婚生活は大変!?

産婦人科医は他の診療科と比べ、生まれてくる命と母体、2つの生命を守らなければなりません。

昼夜問わずに病院より呼び出される事もあり、当直も比較的多いです。

特に人為不足により1人の産婦人科医に対して割り当てられる妊婦の数が多くなる事態が、地域や病院によって起きています。

そして、過去ニュースに取り上げられたような医療ミスなどによって、不幸にもどちらか一方が命を落としてしまったりと訴訟に発展する可能性があるのも産科の特徴です。

このような背景を考えると、やはり産婦人科医は大変ストレスのある仕事であるというのも事実です。

よって、勤務状況によって、夫が殆ど家に戻らないということも有る為、

産婦人科の医者の妻になる!という覚悟なしに結婚をすると、後々苦労することになるかもしれません。

患者との恋愛ってあるの?

医者との結婚を考えている貴方にとって、医者が患者との浮気じゃないでしょうか。

産婦人科医の患者は全員女性なので、何度か通院している患者に対して好意を持つ事もあるかもしれません。

ただ、限られた時間内で何十人もの患者を診察するので、恋愛関係に発展するキッカケを作るのは難しいかもしれません。

その点に関して言えば、既婚者である医者が患者と浮気するということは、心配しなくてもよさそうですね。

まとめ

産婦人科医は需要があるので、年齢、キャリアを重ねることにより年収も順調に上がる可能性は高いでしょう。

但し、これだけ激務でストレスがある産婦人科医を夫にする事で、寂しい結婚生活になる時期もあるかもしれませんし、子育てに関しては、協力を得るのは難しいかもしれません。

心配な場合は、結婚の前に予め貴方が描く結婚生活と現実に大きなギャップがないかを確認しましょう。

【関連】

⇒ 医者の科目によって結婚生活は変わるのか!?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク