女医が結婚できない理由は3つ!誤解されやすい女医の結婚事情

女医が結婚できない理由とはなんでしょうか。

婚活が多くのメディアで取り上げられていることからわかるように、結婚したいと願いながら、なかなか結婚できない人が増えています。

女医であっても例外なく結婚に苦労する人が多いですが、女医は社会的な地位が高く、経済力がある立場です。

能力が高い女性が多い女医は、男性の負担も少なくなるのになぜ結婚できないのでしょうか?

ここでは女医が結婚できない理由を考えていきましょう。

スポンサーリンク

女医は出会いがない

恋人がいる人にアンケートをとると、恋人と初めて出会った場所は最も多いのが職場となっています。

次に多いのが人の紹介、趣味のサークルや教室、旅先と続きます。

職場を除くと多くの場合が外に出かけて個人的な活動の場で恋人と出会っているのです。

しかし医師不足が嘆かれているように、医療の現場は連日多忙です。

職場によっては夜の勤務を終えてそのまま日勤をこなす女医も少なくありません。

やっと来た休日は疲労困憊で自宅で1日ゆったり過ごす、という生活になります。

これでは女医が異性と出会うチャンスは職場などに限られてしまいますね。

【関連】⇒ 医者の結婚の平均年齢は?医者が結婚を意識するとき…

女医はプライドが高い?

女医はプライドが高イメージがあると思います。

医師免許を取るくらいですから、勤勉で努力家でとても魅力的な女性です。

経済的にも自立していて結婚相手としては理想的なはずなのに、結婚で苦労しがちなのはなぜでしょう。

多くの男性は自分より収入が多い女性に対して負い目を感じています。

女医ともなれば、学歴も高く高収入ですから、それに見合う男性を求めているのでは?と思われてしまうのでしょう。

女医がプライドが高いと言われているのも、こういった事情があるのではないでしょうか。

実際には個人差がありますから、一概に「女医=プライドが高い」とは言えませんね。

女医は精神的に強すぎる

ほとんどの男性は女性をリードしたいと思うものです。

「そんなこともできるんだ、凄い!」と感心されることで、パートナーの女性を可愛らしいと思うと同時に、守ってあげたいと感じます。

女医は診察や検査結果から病気の原因をつきとめ、治療の方針を決定します。

判断を誤れば人の命に関わるので責任は重大です。

また次々と患者さんに対応するために正確かつスピーディーな判断力も必要です。

そんな医療の現場で女医は並外れた度胸と精神力が備わります。

男性にも負けず劣らず、精神的な強さがあるのが女医の特徴なのです。

精神的に強い女医は、男性から見ると「守ってあげなければ」と感じることが少なくなるようです。

自分で稼ぎ、なんでも自分で解決できるので、男性は自分の存在意義を見いだせず結婚まで発展しにくいのです。

【関連】⇒ 医者の結婚適齢期。結婚するには何歳頃がベストなのか

まとめ

ハイレベルな経済力と知性がある女医は生涯独身であっても切実に困るということが少ないです。

いざとなったら自分のことも自分の親のことも面倒みられる…。

そういう思いがあると結婚に真剣になりきれないこともあるでしょう。

しかし、一生独身で生きていくのは嫌だと思っている女医も多いのです。

医者は婚期が遅れがちと言われていますが、女医にいたっては婚期を逃すと婚活がどんどん難しくなります。

30代過ぎても独身なのは「性格に難あり?」と誤解されやすいのが女医なのかもしれません。

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク