医者との結婚は転勤も多いので覚悟しておこう!

医者との結婚には「転勤がある」ということを覚悟しておいた方がよいでしょう。

実は医者というのは転勤が多いのです。

様々な病院を渡り歩き、色々な症例や経験を積むのが目的のようです。

特に若い医者には転勤が多いので、転勤がきっかけで結婚するカップルもいるようです。

今回は医者の転勤事情についてご紹介します。

スポンサーリンク

医者の転勤は30代~40代まで頻繁

大抵の医者は医局という出身大学の組織に属していて、医局から支持されれば県内・県外問わず様々な病院で勤めることになります。

公立病院、私立病院、赤十字病院などなど、病院の系統も多種多様です。

期間は半年~3年前後と幅があり、若いうちは頻繁に病院を移るそうです。

このように若い医者に転勤させるのには理由があり、たくさんの症例をみて経験と知識を身につけるためと言われています。

もちろん引っ越しを伴う異動も多く、新婚のうちは妻も一緒に新天地へついていくことが多いです。

医者の転勤辞令は4月とは限らない

医者の転勤辞令がでるのは4月が大半だそうです。これは会社員と一緒ですね。

しかし、年度途中での異動も少なくありません。

例えば、開業するために突然退職した医師の穴埋めとして異動させられる場合もあります。

子供が小さいうちは家族みんなで引っ越すことも可能ですが、小学校や中学校になると年度途中での転校は躊躇してしまいますよね。

結婚後、単身赴任をする医者も多いのですが、その際に浮気をする人もいるので注意しましょう。

病院によって給料が違う

医者の場合はサラリーマンと違い、異動があれば一度「退職」という形になります。

それぞれの病院で給料体系や福利厚生が違ったり、給与額も違う為です。

1~2年で退職となるので退職金なんかはあまり期待できないようですね。

地方病院の場合だと大都市に比べて給料も低いので、思ったより裕福な生活ができないと嘆く妻もいます。

【関連】

⇒ 医者と薬剤師の結婚について。理想の結婚生活が送れるかも?

転勤をしない医者もいる

例えば、医局に属さない医者も最近では増えてきています。

研修期間を終えて自分で就職活動をし、私立病院などに就職する人もいます。

その場合は医局からの指示がないので、まったく違う病院に異動ということはあまりないそうです。

私立病院の系列などに転勤する場合もありすが、その場合は普通の会社員と一緒ですね。

自己都合での退職・転職はあるでしょうが、その場合でもすぐに新しい職場がみつかるのが医者の強みといったところでしょうか。

【関連】

⇒ 医者と結婚するメリットは?高収入・ハイステータスの他にも…

⇒ 医者との結婚で嫉妬されても絶対に忘れてはいけない大事なこと

⇒ 医者と結婚し後悔していること3つ。

⇒ 医者の彼氏に不安?医者との恋愛事情

⇒ 医者の妻の仕事事情。結婚したら専業主婦?どんな仕事をしているの?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク

コメント

  1. 病院の先生は異動がおおい?大学病院の仕組みとは | まとぴこ より:

    […] ですね。 しかし、年度途中での異動も少なくありません。 例えば、開業するために突然退職した医師の穴埋めとして異動させられる場合もあります。 引用元-医者と結婚するということ […]