医者が思う「結婚の決め手」とは?

今も尚、昔からやはり医者と結婚したいと思う女性は少なからず居ると思います。

士業と呼ばれる、専門知識を要する弁護士、会計士など、そしてやはり医師、結婚したい相手の人気職業なのかもしれません。

今回は医者が思う「結婚の決め手」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

医者が結婚相手に望むこと

専業主婦で家庭をしっかり任せられる人

今は、結婚に対する価値観が多様化している中、夫婦だけで楽しく、自由に過ごす為に子供を持たないと決めている夫婦も中にはいると思います。

しかしながら、やはり結婚したからには子供が欲しいと思っている男性にとってはもちろんの事、

自分が仕事で忙しい為、身の回りのことから、家事全般、そして子育てまで専業主婦になってくれすべて任せたいと思っている医者が多いでしょう。

医師と言っても様々で、また配属する科によって異なりますが、人の命、身体に関わる仕事の為、相当なストレスを抱える仕事であることも事実です。

そのため、家に帰ってきたら、ゆっくり寛ぎたいというのが医者である男性の本音ではないでしょうか。

家に帰れば美味しいご飯があり、洗濯されアイロンがけされた衣服、温かいお風呂、綺麗に掃除された家…、帰るべき場所が整っているというのは多忙な医師にとっては有り難い空間でしょう。

結婚相手の学歴は重視する?

所謂、医者は高学歴であると言われていますが、いったい結婚相手の学歴はどれくらい重視されているのでしょうか。

結論からして、これはかなり人によって意見が分かれるところかも知れません。

まず、医者の中にも、医者家系で自身も医者になった人にとっては、学歴というのは重視される項目です。

結婚となると、本人同士の合意だけでは済まないこともあります。

もし相手のご家族が、医者家系であれば、やはり学歴を尋ねられることがあると思います。

また、医者家系でなくても医者はかなり縦の繋がりが強く、また夫婦同伴の席に連れて行っても恥ずかしくないような女性を選ぶ傾向にあります。

そして、その恥ずかしくない女性という基準の中に、学歴というのも1つあるかと思います。

医師がNGに思う女性とは

結婚相手に望むことや条件というのは、人それぞれ異なると思いますが、どの医師も共通して好まない女性の素質というのがあります。

ズバリ、それは「理解力が欠ける女性」です。

勤務する病院や配属先によりますが、勤務時間も特殊な為、当直があったり、夜勤があったりと生活サイクルがまばらになります。

緊急で病院から呼び出され、予定していた家族の行事に参加できなくなってしまうこと、何日も勤務が続き、お休みがなかなか無く一緒に過ごす時間が取れないこともあります。

また、医療も日々技術は進んで行きますから、休みの日は勉強に当てるという医者も多いのも事実です。

論文を書いたり、学会に参加したりと病院勤務以外にもやることはたくさんあります。

医者特有の仕事の忙しさを理解できないできなかったり、医者としての人生をサポートできない女性は、医者との結婚は難しいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やはり結婚というと恋愛と違い、生活を共にする、家庭を築くという観点から

「安定」というものが重要な1つの要素になっていくと思います。

精神的な安定、関係性の安定からやはり金銭的な安定というのも含まれます。

苦労が少ない結婚生活を送りたいと思っている女性にとって、どんなことがあっても無くならない職業、困らない職業というと「医者」と考える人は多いでしょう。

ただ、医者は職業の1つにしか過ぎません。

もし医者の男性と出会ったら、その人がどんな結婚生活を描くのか、どんなことをあなたに望んでいるのかを一緒の時間を過ごす中で話をして、自分が望む結婚生活が送れるかどうか考えるのが1番良いでしょう。

【関連】

⇒ 医者の彼氏と音信不通!自然消滅かどうかを判断する方法

⇒ 勤務医の妻の生活について。羨ましいと思われること

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク