小児科医との結婚生活とは?待遇が悪くなりがちって本当?

小児科医と言えば「子供好き」「優しそう」といったイメージがあると思います。

そんな医者と結婚して幸せな家庭を築きたいと思っている女性も多いでしょう。

しかし、実際のところ小児科医の妻になると、子供を一人で育てなければいけないような日々が続きます。

では、小児科医と結婚するとどのような生活になるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

小児科医の年収は1000万~1500万

小児科医の年収は他の医者より年収がやや劣るとされています。

しかし、病院勤務であれば給料に大きな差がでることはなく、30代では平均1000万円前後となります。

都会の方が年収は高く、地方の方が低くなる傾向があるようです。

東京では約1500万、地方になると約1000万円といったように、地域によって大きな開きがあるようです。

小児科医は年収の割に待遇が良くない?

小児科医は激務と言われています。

病院勤務の場合は救急や当直などの関係で、病院に拘束される時間が長くなる傾向があります。

家にも帰れず、結婚後は妻が母子家庭のような状態になることも珍しくありません。

それを考えると、眼科医や耳鼻科医といった他の医者よりも、年収のわりに待遇が悪いということになります。

また、小児科医は診察する子供の他、保護者とのやり取りがありますから、精神的負担は倍以上になります。

開業した場合は保護者への気遣いも必要になりますし、一度悪い評判ががつと廃業に追い込まれる確率も高いんだとか。

小児科医と結婚すると家庭は妻一人で支えることに

医者ですから収入は安定しているでしょう。

しかし、小児科医は激務です。いつ容体が急変するかもしれない乳児、突然熱を出す幼児…。

土日も正月も盆も関係なく病院勤務しいている医者は多いです。

中には子供と家族旅行に行く直前に病院から緊急の呼び出しがあり、数日帰ってこなかったという場合もあります。

小児科医は「子供好き」「優しそう」「頼りになる」というイメージが多いですが、実際には子供が病気のとき夫は頼りになりません。

小児科医の夫と暖かい家庭を作りたい…

そんな理想の生活を送るには、妻の献身的な支えが不可欠ですし、何があっても妻一人で対応できる応用力が必要になります。

小児科医の妻は精神的に強くないと務まらないのかもしれませんね。

【関連】

⇒ 医者の科目によって結婚生活は変わるのか!?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク