内科医との結婚生活とは?激務だけど開業すれば「ゆとり生活」?

医者と結婚と言えば内科医を思い浮かべる人も多いはずです。

数ある医者の中でも内科医はそれくらいメジャーな科目です。

そんな内科医と結婚すると結婚生活はどうなるのでしょうか?

内科医の年収は?

内科医は激務って本当?

内科医が開業した場合の年収は?

…などなど、今回は内科医との結婚生活についてご紹介します。

スポンサーリンク

内科医の年収は1200万~1500万!

内科医に限らず医者は勤務体制などによって年収に差がでます。

大学病院勤務であれば、40代になっても年収1000万円に届くのは稀です。

しかし、民間の病院勤務であれば30代で年収1000万円を超える医者がほとんどです。

開業医などの場合はさらに年収が高くなる可能性もありますが、経営状態により収入はピンキリなので一概には言えません。

それでも年収1000万円越えであれば、普通の会社員よりもはるかに高収入ですので、結婚生活もお金に困ることはないかもしれません。

【詳細】医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

内科医は激務で家庭に帰れない?

医者は激務と良く言われますが、内科医は特にそうと言えるでしょう。

病院勤務の内科医は入院患者を受け持つことが多いため、患者の容体により夜中に急に呼び出されることも多々あります。

また手術などによる待機時間や、土日の当直などもあり、内科医は病院に拘束される時間が他の専門科よりも圧倒的に多いです。

このため、なかなか家に帰れずに妻が苦労することが多いと言われています。

既婚者の内科医であれば家庭崩壊、離婚の危機。

未婚者の内科医であれば婚期を大幅に逃すことが多いのが特徴です。

【詳細】医者との結婚デメリットは?激務で母子家庭状態、離婚率も高い…

内科医で開業した場合の結婚生活は?

内科の開業医院では入院患者を持たないことが多いので、勤務時間も勤務医時代よりもぐっと楽になる人が多いです。

夜中に急に呼び出されることもなく、土日休診に設定にしていれば休みも十分確保できます。

年収は2000万円に届く場合もありますが、設備投資や人件費などもありますので一概に高収入になる!とは言い切れません。

中には勤務医時代より年収が下がる場合もありますが、その分、労働時間が短縮され、休日も思い通りになる場合も多いです。

その結果、精神的にゆとりが持てて良かったと思う人もいるようです。

【関連】医者と結婚して苦労することは大きく分けて2つ!

内科医と結婚したい人へ

内科医は医者の代表格ですので、結婚相手にと憧れる女性も多いでしょう。

勤務医であれば激務ですが、開業すればゆとりある生活も望めます。

内科医は結婚したくても出会いが無い人が多いので、そういう人は婚活パーティーに参加したり結婚相談所に登録したりしてます。

ただ、忙しさから自分のペースで婚活したいという医者も多いので、そのような場合は婚活サイトを利用することも多いようですよ。

【youbrid(ユーブライド)】

会員登録は無料なので一般女性でも気軽に試す人も多いんだとか。


⇒ 無料登録で婚活中の医者のプロフィールを見る

【関連】

⇒ 医者の科目によって結婚生活は変わるのか!?

⇒ 「医者の妻」開業医の夫との生活はどう変わる?

スポンサーリンク