眼科医との結婚生活とは?開業率が高く年収2000万円代も!

医者にも色々種類はありますが、眼科医との結婚生活はどのようなものなのでしょうか。

外科医や内科医といったメジャーな医者と、眼科医のようなマイナー医者とでは色々と違いがあるようです。

眼科医の年収は?

眼科医は忙しい?

眼科医は開業率が高い?

…などなど、今回は眼科医との結婚生活についてご紹介します。

スポンサーリンク

眼科医の年収は平均1300万円!

眼科医の平均年収は約1300万円と言われています。

医者全体の平均年収が約1500万円と言われていますので、眼科医は少々劣るのかもしれません。

しかし、眼科医の年収は勤務体系によって大きな差があります。

大学病院の研究職などは約700万円、病院勤務で1200万円、開業医になると2000万以上にもなる眼科医もいるそうです。

売れっ子の開業医まではいかなくても、病院勤務で1200万円であれば結婚しても専業主婦も可能ですね。

大学病院に勤務する医者の年収については下記の記事で紹介しています。

【詳細】大学病院の医者と結婚すると結婚生活はどうなる?

眼科医はそれほど激務ではない!

医者と言えば激務で何日も家に帰ってこない…。

妻は母子家庭状態で家庭を切り盛りしている…。

そんなイメージがある医者ですが、眼科医についてはそうでもないようです。

眼科医は内科や外科とは違い、夜中に急に呼び出されることが少ないためです。

眼科医は他の医者よりも、家庭を大切にできる環境とも言えるでしょう。

医者との結婚生活に多い「すれ違い生活」も少なく、平和な家庭を築けるかもしれません。

【関連】医者と結婚すると生活はどうなる?幸せと苦労は隣り合わせ

眼科医は開業する人が多い!

眼科医は他の医者よりも開業する人が多いようです。

結婚していれば妻は開業した病院の手伝いなどすることがあるかもしれません。

一説によると、都心部では病院勤務の眼科医が多く、地方にいくほど開業医の比率が高いと言われています。

特に近年はレーシックによる開業が増えているらしく、医者からすれば、夜勤もなく時間的な拘束は少ない手術ですので人気があるようです。

他にもコンタクトレンズやメガネに関する処方を専門とするクリニックもあります。

開業医で年収2000万円を目指すのであれば、レーシック手術を行うのが最も近道とされています。

ただ、レーシック手術は高度な技術、豊富な経験が必要で、尚且つ手術の失敗による風評などから数年で閉鎖するクリニックもあります。

開業医の眼科医と言っても一概に年収2000万円以上!…とはならないことを覚えておきましょう。

眼科医と結婚したい人へ

眼科医は他の医者と比べて激務でもなく、年収もそこそこ…。

家庭で過ごす時間も十分に取れて結婚相手としては良いかもしれませんね。

開業すれば年収も上がる可能性もありますし、専業主婦でも十分余裕のある生活ができることでしょう。

しかし、医師限定の合コンや婚活パーティーに参加しても、ピンポイントで眼科医を探すのは難しいかもしれませんね。

そのような場合は、医者限定の結婚相談所が一番の近道かもしれません。

様々な医者が登録されていますが、入会しなくても無料カウンセリングで要望を伝えることができる「フェリーチェ」がお勧め。

眼科医との結婚希望と伝えておけば、理想の男性を紹介してくれるでしょう。

それほど敷居も高くないので、一般女性でも気軽に資料請求をすることができますよ。

【無料で資料請求・カウンセリングを受ける】

スポンサーリンク