医者の妻の苦労。乗り越える為のポイントとは

医者の妻の苦労は人にはわかって貰えないことが多いようです。

医者と言ってもピンキリですから、一概に「お金持ち、セレブ、勝ち組」といったワケではないのです。

今回は医者と結婚した妻が体験した苦労と、それを乗り越えるためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

医者妻の苦労「夫が頼りにならない」

医者と言えばほとんどの人が激務で長時間労働になることが多いです。

その為、家にはほとんど帰らず「まったく頼りにならない」と憤慨する妻も多いです。

例えば親戚や仕事関係のお付き合いで、お中元やお歳暮の手配・お礼状を一人でこなさなければなりません。

家事育児は協力を期待できませんし、夫の両親といざこざが起ったとしても、間に入ってもらうことも望は薄いです。

また、医者は転勤する人も多いので、その度に引っ越しをしなければなりません。

夫は長時間勤務で引っ越しの手伝いもまともにできないでしょう。

各種手続きも妻が率先して行わなければならず、その苦労は並大抵のものではありません。

乗り越えるポイントは?

夫が頼りにならない!と感じる医者妻は多いです。

しかし、全ての医者妻が初めから精神的に強いわけではありません。

何度も繰り返すうちに少しずつ強くなっていくのです。

結婚して初めのうちは不満に思うかもしれませんが、長く生活していくと夫が居ない方がスムーズに事が運ぶと思える日がいつかきます。

どうしても一人で乗り切れないときは、友人や実家、外注サービス等に頼るのも悪い事ではりません。

全て完璧に済ませようと思わないことがポイントです。

【関連】

⇒ 医者の妻に専業主婦が多い理由。高収入だけではなかった!

医者妻の苦労「お金がない」

医者の平均年収は1000万円以上です。

しかし、現実には「お金がない」と思いながら生活する医者妻もいます。

意外と知られていませんが、医者家庭の支出は一般人が思っているより多いのです。

  • 奨学金の返済
  • 学会費用
  • 交際費
  • 家のローン
  • 教育費用

特に妻の頭を悩ませているのは「学会費用」と「交際費」ではないでしょうか。

学会出席のための旅費などは自腹の人がほとんどです。

上司やお得意様へのお中元・お歳暮の金額が片手では足りなくなる人もいます。

どれも夫が医者としてやっていくためには必要な支出ばかりです。

また、夫の体面上、妻がみすぼらしい恰好をするわけにはいかないと、

食費や光熱費を削って何とか身なりを保とうとしている妻もいます。

乗り越えるポイントは?

お金が無いのに周囲からは「お金持ち」と誤解される。

このストレスに頭を悩ませる医者妻は多いですね。

これを乗り切るのにはまさに時間しかありません。

夫が長く医者を続けることにより給料は上がりますし、いずれ奨学金やローンの返済も終わります。

子供が小さいうちは慎ましやかに生活している医者妻がほとんどです。

「お金がない、お金がない」と落ち込むよりも、節約を楽しんでお金をかけなとも充実した生活を送ることが大事かもしれません。

医者妻の苦労「夫の不倫」

夫の浮気や不倫に頭を抱える医者妻も割といます。

職場には看護師など若い女性に囲まれていますし、あまり家に帰宅できないことを良い事に好き勝手する医者もいます。

これは夫が激務で帰宅できず、妻との擦れ違い生活も原因していると思います。

離婚ともなれば夫から多額の慰謝料や財産分与もあると思いますが、

やはり、世間体を考慮して、妻が我慢していることが多いようです。

子供が私立の良い学校に通っている場合は、離婚が悪影響を及ぼす可能性もあります。

乗り越えるポイントは?

夫が不倫を繰り返したとしても離婚を望んでいない場合はしない方がよいでしょう。

収入や養育費が十分であれば別居という形も一つの手です。

どうしても夫の不倫が許せない、離婚したいという場合は、

それ相応のけじめを払ってもらい、新しい生活へと踏み出しましょう。

最近では医者と離婚する妻も増えていますので、世間体のために我慢する妻も減ってきているようです。

【関連】

⇒ 医者と結婚して苦労することは大きく分けて2つ!

⇒ 医者と結婚し後悔していること3つ。

⇒ 医者の遠距離恋愛と結婚事情。浮気や遊びに注意しよう!

⇒ 医者の妻には覚悟が必要!大切な3つのポイント

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク