医者と薬剤師の結婚について。理想の結婚生活が送れるかも?

医者と薬剤師が結婚するケースも、世の中には少なくないようです。

医者が結婚相手に選ぶパターンは、医療従事者が5割以上とも言われています。

看護師・女医などに並んで、女性薬剤師も医者と結婚する人もいるのです。

今回は、医者と薬剤師に結婚についてご紹介します。

スポンサーリンク

医者が薬剤師と結婚する理由

医者の結婚相手は大きく分けると、「医療関係者派」「医療関係者ではない派」に分かれるようです。

結婚相手に医療関係者を望む理由としては、医療現場での仕事の大変さをわかって貰えるからが一番多いようです。

医者は激務ですから、何日も帰宅できないこともありますし、そういった事情を予めわかってくれる女性が好まれるようですね。

医療関係者の女性と言えば、看護師・女医・薬剤師・受付事務など色々あります。

その中でも女性薬剤師との結婚は稀ではありますが確かにあるようです。

薬剤師と医者の接点は低い?

医者は患者や看護師などと日々接する時間が長く、それだけ恋愛に発展する機会も多いのですが、

薬剤師となると普段の仕事の中では医者と話す機会はあまりないと言われています。

同じ病院内で働いていたとしても、薬剤師と医者は別々の業務に携わりますから、病院の懇親会などが無い限り接点を持つことは難しいでしょう。

個人病院など小規模な病院の場合は、医者は既婚者である確率も高く、若い研修医なども滅多にきません。

つまり、薬剤師として働きながら医者との出会いを希望するのであれば、できるだけ大きな病院に勤務している方が有利というわけです。

医者と薬剤師の結婚は反対されることが多い?

医者と薬剤師の結婚は破談になることも多いようです。

医者と看護師の結婚も両親の反対に合うことが多いのですが、薬剤師もこれまた同じ理由で反対されることが多いようです。

薬剤師の給料は一般サラリーマンよりも高い傾向があります。

しかし医者の給料と比べるとやはり負けてしまいます。

また、学歴や家柄で結婚相手を選ぶような家系であれば、薬剤師は医者よりも学歴が低く育ちも違うと判断されてしまうことがあるようです。

【関連】

⇒ 医者と看護師の結婚が反対される理由。

医者と薬剤師が結婚するメリット

医者と薬剤師が結婚することによって生まれるメリットは、夫の仕事を理解しやすい、共働きすればそれなりの収入が手に入るということではないでしょうか。

医者と結婚した女性の半数以上は専業主婦になると言われています。

しかし、薬剤師であれば短時間のアルバイトであっても高い時給で働くことができ、家庭に負担をかけることなく収入を得ることができます。

医者の中でも大学病院に勤める医者は薄給と言われていますし、家計に困ったら妻が少し働くだけでもかなり助かるはずです。

また、勤務先はドラックストア、薬局、病院など、各地にありますので、夫の転勤で引っ越したとしても仕事探しも比較的容易にできます。

そういう意味では医者と薬剤師の結婚は、女性からすると家庭と仕事を両立できる理想の生活を送れることになるかもしれませんね。

【関連】

⇒ 医者と結婚して苦労することは大きく分けて2つ!

⇒ 大学病院の医者と結婚すると結婚生活はどうなる?

⇒ 医者の妻の仕事事情。結婚したら専業主婦?どんな仕事をしているの?

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク