医者の年収【5年目】大台に乗る時期。結婚を考える人もチラホラ

医者の5年目の年収は、大台に乗る時期とも言われていて1000万円に届くかどうかの瀬戸際です。

大学病院か民間病院かによってこの数字は変わってきますが、

5年目というと後期研修も最後の歳となりますし、結婚を視野に入れる人も多くなります。

交際中の女性と結婚をするタイミングとしてもベストな時期です。

今回は医者の5年目の年収についてお話します。

スポンサーリンク

医者の年収【5年目】約700万~1000万円

5年目の医者ということは、後期研修最後の年です。

30歳前半の人が多く、長い研修医期間を終えるタイミングで結婚をする人も多いです。

この頃になると年収も同世代の人よりは多少余裕が出てきて、人によっては1000万円代の大台にのる人も現れます。

5年目医者の年収 全国平均は約1000万円

とあるデータによると7、全国の常勤医師の経験年数別の年収では

5年目の医者は約年収1000万円だそうです。

ただし、これはあくまでも民間病院の年収です。

研修後に大学の医局に残った場合は、5年目でも年収500万~600万程度です。

民間病院の場合は4.5年目から基本給が3万円ずつ上がっていくところもあるそうです。

逆に大学病院の場合は無給や非常勤として勤務する医者も多く、年収は300万円代の人もいるようですよ。

民間病院勤務だと年間約100万円ずつ年収が上がる?

年収に関して言えば大学病院よりも民間病院の方が圧倒的に有利です。

民間病院勤務スタート時の年収は600~700万円と言われています。

そして毎年約100万ずつ年収が上がっていき、10年目には年収1500万円に到達する人も少なくないようです。

日本では地方、とくに東北の方に行けばいくほど医者は好待遇で年収も高くなると言われています。

つまり、田舎の病院はそれだけ医者が足りず、また希望して行きたがる人がいないというのが現状です。

お金が欲しい、年収を上げたいというのであれば、東北の病院へ異動するのもありかもしれませんね。

後期研修が終わる5年目で結婚を視野にいれる

医者の結婚のタイミングは3回あると言われています。

  1. 医学部卒業後、初期研修前
  2. 後期研修が終わった後
  3. 40代になり一人前になったとき

2番の後期研修が終わったとき、というのが医者5年目の最後の方ということになります。

研修期間中はとにかく忙しいので、プライベートまで手が回せないという人が多いです。

そこで、研修が終わり余裕がでてきた頃に結婚をする医者が多いようです。

この時交際中の女性がいればスムーズに結婚できますが、ここから婚活するとなるとお金目当ての女性も多数寄ってくるので、それを見分けるのにもかなり苦労するらしいですよ。

その結果、医者の結婚年齢は30代後半が最も多い結果となっています。

【関連】

⇒ 医者の年収【4年目】ある程度給与に余裕が出てくる

⇒ 医者の年収【30代】1000万円を超える人が多数!

⇒ 医者の年収は年代や科目によって違いが!

⇒ 医者の結婚適齢期。結婚するには何歳頃がベストなのか

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク