医者の年収【4年目】ある程度給与に余裕が出てくる

医者の4年目の年収についてですが、大学病院か民間病院かによって大きく左右されます。

4年目の医者というのは後期研修中の人が多いと思います。

民間病院に勤務していれば給与面に余裕が出てくるほど収入が上がります。

また、病院の規模や地方などによって医者の給料には幅があります。

今回は医者の4年目の年収についてお話します。

スポンサーリンク

医者の年収【4年目】約600万~800万円

4年目の医者は後期研修として病院で働いている人が多いでしょう。

将来開業医になるつもりでも、開業医の息子であっても、

経験や技術を身に着けるために勤務医を選ぶケースがほとんどです。

それでは医者になって4年目、後期研修2年目の年収はどのくらいなのでしょうか。

大学病院の医局勤務の場合の年収

大学病院の勤務医として働いた場合は、

年収 約300~600万円くらいだそうです。

初期研修のときとあまり変わらない給料ですから、

医者としては高収入とは言えない金額かもしれませんね。

ただ、大学病院の他にも日給数万円で他の病院でバイをすることもあります。

この場合の年収はプラス100万円程度と思った方がよさそうです。

民間病院の勤務医の場合の年収

民間病院で勤務医として働いた場合は、

年収 約600~800万円くらいだそうです。

初期研修が終わるり、病院の正規職員として働くようになると給料がグンと上がると言われています。

ただ、4年目の後期研修中は年収よりも経験や技術を優先した方が良いと言われていますので、

待遇面はあまり気にしない方がよさそうです。

大規模病院より小規模病院の方が好待遇?

病院の規模や地方病院などにより、医者の待遇は大きく差があります。

意外にも小規模病院の方が年収が高かったり、地方の病院の方が好待遇で医者を募集していることもあります。

大規模病院の場合は最新の設備や医療器具、また職員のための福利厚生が充実しているところが多いです。

職員の数も多く働きやすい環境を維持できるので、年収が少なくても医者の確保が容易なのかもしれません。

逆に小規模病院や地方病院の場合は、医者の数や職員の数も少なく、一人当たりの負担が多いため医者の確保が難しいという現状があります。

その為、報酬の高さをアピールして医者の確保に必死になっていると言われています。

【関連】

⇒ 医者の年収【3年目】初期研修が終わった後の年収

⇒ 医者の年収【5年目】大台に乗る時期。結婚を考える人もチラホラ

⇒ 医者の年収【20代】300万~400万円と意外と低い

⇒ 医者の年収は年代や科目によって違いが!

⇒ 研修医の年収でも結婚できる?意外と安い研修医の給料

スポンサーリンク

みんなが気になってる記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

医者との婚活サイト特集!
スポンサーリンク